Obsah,


色を変更する Facebook

ストーリー

外はもう寒かった、2009年秋、まさにヨーロッパの真ん中でのこと。プラハの通りという通りは冷たい朝霧に覆われ、街は今まさに目覚めようとしていた。家々の上空を飛んでいたのはたしかカラス一匹だけだったが、自分の存在を知らしめるかのように大きな鳴き声で鳴いていた。

閃光、そしてどんよりと暗い朝・・・何もない・・・

その場所に光が差したのは本当に一瞬のことで、それに気づいた人々でさえ気のせいだったのではないかと思うほどだった。ストロモフカ公園の、地盤沈下でできたクレーターのような穴から、ゆっくりと黒い人影が這い出して来た。穴は地下道とつながっていたのだ。ヘッドフォンを耳に付近を走っていた女性は、まさか公園内に他にも人がいるとは思いもしなかった・・・。

私はクレーターの淵に立ち、すべてのシステムをチェックし始めた。機器類は壊れていないようだった。スーツの輪郭は軽く点滅していたが、私は地球という惑星の新たな一時代の幕開けを悟ったのだった・・・。


Obsah,